研ぎ直し・修理

包丁は切れ味が落ちても研ぎ直しをすることで、 新品時の切れ味が戻る特殊な道具です。
普段使いで、どうも切れ味が落ちてきた包丁や、 固いものを切り刃が欠けたもの・手入れを怠り サビついてしまった包丁などはありませんか? 包丁の本場、堺の「研ぎ職人」が新品同様、あるいは それ以上の切れ味に研ぎ直してお返しいたします。 普通の研ぎとは違う好評の研ぎをお試しください。
メール・電話・FAXでお気軽にお問い合わせください。
beforeafter

料金

研ぎ直し※1
包丁(刃渡り)
180mmまで800
181~240mm1100
241~300mm1600
301~360mm2100
ハサミ900円~
柄交換※2
柄   ・朴(ホオ)
口輪・プラスチック
400
柄   ・朴(ホオ)
口輪・水牛
1000円~
柄   ・栗
口輪・プラスチック
500
洋包丁の柄
(ピン止めされた柄)
1500円~
※1 刺身包丁は210mmまでが800円となります。 出刃包丁・特殊包丁については、別途料金がかかる場合がありますのでお問い合わせください。
※2 大型の包丁などにより柄の値段が変わる場合があります。

手順

1
包丁の状態等をお知らせください。
  • 修理の箇所
    (研ぎ直し・柄の取替え等)
  • 包丁の種類・刃渡り(刃の長さ)
  • お名前・住所・電話番号
2
修理代金・代金のお支払い方法・送付先をお知らせいたしますので、包丁を送付先住所に元払いで発送してください。
3
当製作所に到着後、約10日程で仕上げてお送りいたします。

※往復の送料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。